審査に出す写真の選び方

ストックフォトの審査に出す写真選びって大変ですよね。

私は新しく写真を撮るというよりは、今まで撮っていた写真の中からまずは始めてみました。

ストックフォトのために撮った写真ではないので、純粋に自分がその時何か心を動かされて撮った写真です。

たくさんのデータを見返していると、ついつい思い出にふけって脱線して作業が進まないんですよね(笑)それが一番やっかいかもしれません。

スポンサーリンク



一眼レフで撮った写真じゃないとダメ?

ストックフォトに出す写真、一眼レフで撮った写真じゃないとダメだと思っていませんか?

そんなことありませんよ~!

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮った写真でも大丈夫なんですよ!

4MB以上あればいいようです。

 

実際私もコンデジで撮った昔の写真をせっせと審査に出して通過していますし、一眼レフで撮った写真よりも売れていたりします。

 

自信はあてにならない

「この写真、上手に撮れてる~」と思って審査に出して撃沈することがよくあります。一方、「お気に入りではないけれど出してみようかな~」という写真が審査をパスしたり…。

つまり、自分の自信や好みや感覚だけで写真を選ぶのはもったいないです。

自信がなくても出してみるのも大事だと思いますよ!

出していたら売れるかもしれません。当たり前ですが、出さなければ売れません。

そんな私も、自分では普通の写真だと思って出した写真が一番売れているので不思議です。

購入者の求めるものに偶然マッチしたのでしょうか。

 

不労所得への道

審査を通過した写真が増えてくると、いつ売れるのかドキドキしますよね!

正直、売れない日が続きます。でも忘れた頃に売れたりしますよ!

それが実はポイントでまったく作業をしていなくても売れるということ。

一度審査に通過して販売され始めると、ずっと売れる可能性があるということなんです。

これで不労所得の完成(笑)

1枚売れたらその写真はおしまいではなく、さらに購入されておこづかいになるという可能性を秘めています。

なので、売れなくても登録枚数が増えることで可能性も大きくなるということですね♪

スポンサーリンク



趣味で撮った写真を売ることができる?その方法とは。

自分が撮った写真を売る?

プロでもない、ただ写真が撮ることが好きな私にそんなことができるのか?と疑問しか沸き立ってこないのですが、結論から言うとできるんです!

そんなこと言ったって何をどうやって始めたらいいんや~と思うかもしれませんが、私の経験したことを少しずつでも紹介していけたらと思います。

スポンサーリンク



 はじめに

まずは私の自己紹介をしておきたいと思います。

というのも、趣味の写真が売れるなんて、私がプロ並みの写真を撮れるような人だと思われるかもしれません。

そんなことは全くありません。

 

カメラ初心者です!!(断言)

 

露出?ホワイトバランス??

そんなもんわからんわ~!という状況でストックフォトを始めました。

ただ、少しずつでも勉強していく必要はあると思います。

勉強といっても、写真の場合「習うより慣れろ!」が一番ですかね(笑)

また追々書いていきたいとは思いますので、参考にしてみてください♪

 

おーっと。

肝心なことを忘れていました!!

 

自己紹介なのに名前を書いていませんでした(汗)

nonと申します。

スペックとしては、カメラ初心者。ワーママ。でも非正規。。

なので副業としておこずかいにもなればとストックフォトを始めたという、たいして特記することもないのですが、そんな人でも始められる!というには十分な説得力はあるでしょうか?笑


ストックフォトサイトに登録

写真を販売するウェブサイト、それがストックフォトサイトです。

そこへ登録すれば自分の撮った写真がweb上で世界中に公開され販売ができるというわけで、まずはサイトへ登録することから始めましょう。

私が登録している以下の2つのサイトでは、登録には費用がかかることもないので安心です!

必要事項を入力していくだけといった、至ってシンプルです。

 

面倒かもしれませんが、こればかりはやってもらわないと始まらないので、お願いします。

 

ちなみに私が今登録しているのは、

fotolia

shutterstock

この2つです。

 

shutterstockに関して言えば以前は、登録時に10枚写真をアップロードし、7枚が審査に通らなければ販売はできずに、私も何度目かのチャレンジでやっと合格できました。

でも安心してください(笑)

今はそのような審査はなく、10枚アップロードすれば登録できるようです。


ここからがスタート

さて、無事登録はできたでしょうか?

これでやっとスタートラインに立てました。

あとは写真をアップロード&タグ付けという地味な大事な作業です。

 

タグ付けは本当に地味で大変ですが、ここで手を抜いてしまうと写真は売れません。

当たり前ですが、写真を売るということは、買う方がいて成り立つわけで、買う方がどうやってあなたの写真に出会うかというと、検索にひっかかる必要があります。

 

膨大な写真の中からあなたの写真を見つけ出すのは、困難です。

しかし出会う確率を上げるのが、あなたが付けたタグなのです。

なので、タグ付け作業を怠るとせっかくの写真が埋もれてしまい、購入してもらえません。

しっかりタグは付けましょう。

 

例として使える写真がなくわかりづらいですが、ひまわりの写真を投稿するとします。

どんなタグを付けますか?

花、ひまわり、夏、黄色、オレンジと5つくらいは出てくると思います。

でもこれって、ひまわりの写真にはみんなつけていると思うんですよね。

そうするとあなたの写真に出会えますかね?出会えたとしたら運ですよね。

 

他のタグを追加しないと難しいと思います。

写真を撮った場所は追加してもいいし、あとは抽象的な表現もありです!

私なら、キラキラ、元気、太陽、空、まっすぐなど、写真に関係なくひまわりのイメージを浮かべていきますね。

私もこの作業は苦手ですが、1つでも多くつけるようにしています。

 

投稿した写真には審査がありますが、審査をクリアさえすれば、購入される可能性がでてきます!

スポンサーリンク