副収入は心のゆとりにつながる

私がストックフォトを始めたきっかけは、将来のことを考えたことです。

これから子供が成長するにつれてお金がかかることはわかっていましたし、自分の仕事上の立場でいうと、非正規雇用なのでいつ仕事がなくなるかわからない状況でした。

収入が上がることはないので、少しでも副業で稼げたらという思いでした。

 

今のところまだ、稼いでます!とは言えませんが(笑)お給料以外で副収入があげられるという可能性だけでちょっと気がラクにはなりました。

 

そんな感じでコツコツ作業しているわけですが、少しずつ考えも変わってきました。

以前は副収入で貯金を殖やすことしか考えていませんでしたが、今はその収入で子供とおでかけしたりする時の足しになればいいかな~くらいの軽い気持ちでいます。

がっつりコレで生計を立ててやる!と気負っていない分、時間のあるときに作業できています。

旅行に行くのも子供が小学生のうちやで~とよく聞きますし。中学生になると部活やら塾やらで日程を合わせるのも大変らしいです。

 

ブログタイトルでもある『趣味でごほうび』は副収入でなら自分にごほうびあげられる!って思えるのでそこからとりました。

でも実際は自分にというよりは、やっぱり家族のために使うことになると思います。

 

私の副収入はストックフォトと、ポイントサイトが主になっていますが、陸マイラーもやってます。

それこそ、陸マイラーは完全に趣味なのですが、また別の機会に書きたいと思います。

 

スポンサーリンク


審査に出す写真の選び方

ストックフォトの審査に出す写真選びって大変ですよね。

私は新しく写真を撮るというよりは、今まで撮っていた写真の中からまずは始めてみました。

ストックフォトのために撮った写真ではないので、純粋に自分がその時何か心を動かされて撮った写真です。

たくさんのデータを見返していると、ついつい思い出にふけって脱線して作業が進まないんですよね(笑)それが一番やっかいかもしれません。

スポンサーリンク



一眼レフで撮った写真じゃないとダメ?

ストックフォトに出す写真、一眼レフで撮った写真じゃないとダメだと思っていませんか?

そんなことありませんよ~!

コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で撮った写真でも大丈夫なんですよ!

4MB以上あればいいようです。

 

実際私もコンデジで撮った昔の写真をせっせと審査に出して通過していますし、一眼レフで撮った写真よりも売れていたりします。

 

自信はあてにならない

「この写真、上手に撮れてる~」と思って審査に出して撃沈することがよくあります。一方、「お気に入りではないけれど出してみようかな~」という写真が審査をパスしたり…。

つまり、自分の自信や好みや感覚だけで写真を選ぶのはもったいないです。

自信がなくても出してみるのも大事だと思いますよ!

出していたら売れるかもしれません。当たり前ですが、出さなければ売れません。

そんな私も、自分では普通の写真だと思って出した写真が一番売れているので不思議です。

購入者の求めるものに偶然マッチしたのでしょうか。

 

不労所得への道

審査を通過した写真が増えてくると、いつ売れるのかドキドキしますよね!

正直、売れない日が続きます。でも忘れた頃に売れたりしますよ!

それが実はポイントでまったく作業をしていなくても売れるということ。

一度審査に通過して販売され始めると、ずっと売れる可能性があるということなんです。

これで不労所得の完成(笑)

1枚売れたらその写真はおしまいではなく、さらに購入されておこづかいになるという可能性を秘めています。

なので、売れなくても登録枚数が増えることで可能性も大きくなるということですね♪

スポンサーリンク